読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせな夢

ひどい悪夢

自分の話。1

雑記

書くことがないので自分の話をする。

 

20代半ば

看護学

寮暮らし

漫画を読むのが好き

 

普通に自己紹介するならこんくらい。

ビアン的にいうと、

微ポチャ

心身ともに健康

化粧する

煙草吸わない

フェムリバ

連絡豆じゃない

あたりが追加されるかな。

 

20歳くらいのときは、男も女も好きじゃなかった。心も不健康だった、今思い返すと。

毎日消えたくて消えたくて、消えてなくなる方法が死しか思いつかなくて、だから死ぬことばかり考えていた。

精神面マッチョな人って自殺するエネルギーがあるならなんでもできるって言うけど、私もそう思ってたけど、全然違うってわかった。

エネルギー、ほとんどない。

ぼんやりして、足元がふわふわしてる。

たとえばホームから線路へ飛び降りる一歩って、健康な人は絶対に踏み出さない一歩だけど、

不健康な人にとっては、階段ひとつ降りるくらいの軽さになる。

本当に、ぜんぜん、これまで改札通って階段のぼっておりて、そういう一歩と何も変わらないように思える。

向こう側がすごく近い。

 

それでもそっちに行かない理由は、ある。これまで死んだたくさんの人もそうだったはず。

でも、一歩があまりにも気軽だから、あまりにも近いから、境界が境界として機能していないから。

向こう側に「行けてしまう」人もいる。

 

私が、自分史上いちばん死に近かったと思うときの話。

ただ、もっともっと近くまで行くとまた違う見え方があるのかもと思う。私はかなり死に近いと思ったけど、まだ何層かあるのかも知れない。

 

今は死にたいとは思いません。

消えたいとは、たまに思うけど。

こんな自分では生きていたくない。

でも仕方ないね、私はこの身体でしか生きていかれないから。

だったらなるべく自分の安寧とか幸せのために頑張ろうぜ〜!そのために必要なのはなんだ〜!?金だ〜!!1人でちゃんと稼げるようになろうぜ!よっしゃー看護師や!今に至る。